2005 第14回YOSAKOIソーラン祭りへ向けて・・・ 
      制作状況ラインアップ
   
【衣装編】  6.9更新          

制作状況TOPへ

今年の衣装は3種類を予定し、思案あるいは製作中です。メインとなる踊り子さは、中国の伝統的舞踊「京劇」をヒントにした、チームオリジナルデザインの衣装で身をまといます。予算が余りかけられない分、今回、美術班の協力も得て、至る所にアイディアと工夫を凝らしています。

これが今年の衣装です。(3パートのうちのメインの部分です) 札幌で見かけたらよろしく!
 
 


いよいよ衣装が完成!練習後にメンバーに配布しているところです。
 


 5月6日 とかちプラザにて衣装班の作業風景です。
 

 4月9日、自分たちが作れる部分は、今年の衣装班が主になって衣装の製作を行いました。
 

   

 


NWE
 衣装班チーフが働いている老人介護施設の入所者の皆様が、月・木のグループワークの時間に、今年の衣装に使用するフリンジ作りの第1弾階である台紙に糸を巻きつける作業をしてくれました。
  片手しか使えない方も自分で工夫して作ってくれました。
 手先のリハビリにもなり大変好評でした。
    

 
衣装製作にあたり、練習の合間をぬってメンバーそれぞれのサイズを測る。
 
衣装の試作第2号が完成。早速試着し実際の動きの中でデザインや機能性についてのチェックを行い、改良を重ねて、最終決定版を急ぐ。残念ながらまだ公開は出来ません。乞うご期待! 

入会希望者対象の公開練習時に今年の衣装のイメージについてデザイン画をもとに説明をしました。

 

 

 
2月27日。衣装班会議の様子。試作第1号が出来上がり、再度、デザインや機能性についてチェックや話し合いを行う。


 

2月6日 とかちプラザにて、衣装の打ち合わせを行う。振り付け班も出席してくれました。まだ、デザインについてはナイショです。